育毛」カテゴリーアーカイブ

マッサージで効果がありました

私の父は40歳代前半で、前頭部から頭頂部までの大半がツルツルの状態になっていました。

結果として私の記憶に残る父の姿は、ツルツル頭だけです。

そのため私は父の薄毛を何とかしようとは、考えたこともありませんでした。

しかし家族でテレビを見ているときに、薄毛対策に頭皮のマッサージを毎日すると効果があると放送していました。ニューモ育毛剤

その状況で薄毛の人は父しかいませんでしたから、実際に頭皮へのマッサージを父に試してみることにしたのです。

本当に効果があるのか半信半疑でしたが、取り敢えず1か月だけ放送されていた通りに毎日マッサージを行ってみました。

すると砂漠地帯が広がる父の頭頂部に、頼りなさそうな細い毛が生えてきたではありませんか。

私はその細い毛を写真で撮影したものを父に見せてみると、父はとても嬉しそうな表情をしました。

薄毛についてとっくに諦めていると思っていた父も、実は薄毛を何とかしたいと思っていたようです。

それから父は私がマッサージを出来ない日でも、自分でマッサージをするようになりました。

マッサージを開始して1年程度が経過して、今では生えてくる毛の数が増えましたし、太さも太くなりました。

このように薄毛対策として、継続してマッサージをすると効果が発揮されることがあります。

薄毛はオレのPR!!オレの頭は名刺代わりだ!!

30代半ばより、だんだんと薄毛になり始めました。現在は、40代半ばに差し掛かろうとしていますが、だいぶんさみしくなってきています。しかし、それを嘆いていても始まりませんし、第一に私はサービス業です。私自身が商品な訳ですから、これをPRポイントへと変えました。ルエハ育毛剤

「昔はハンサムだったけど、今はハゲサムだ」「若いころは活発だった、今は河童になりつつある」「事故が無いように、ケガ無いように(毛が無い)」「オレは3Kだ、髪無い、毛が無い、なさ毛けない」などと冗談を交えて自虐ネタにしています。また、頭髪も、最初のころはソフトモヒカンスタイルでできるだけ隠そうとしていました。

勤務中もヘアスタイルが気になってしまい、ちょっとしたことでもヘアスタイルを直そうとするため、勤務にも支障が出たり、同僚からも「気にしずぎ」と言われてしまうこともしばしばでした。現在は自分でバリカンを使い1mmの丸坊主にしています。おかげ様で、誰にでもすぐに覚えてもらえます。

正直、髪はあった方が良いとは思いますが、やはり遺伝には勝てません(笑)。どうせ遺伝に勝てないのであれば、それを前向きにとらえ、仕事に生かした方が得だと思うようになってからは、業務もやりやすくなり、昇格も果たしました。現在は事業所の所長です。

薄毛になってきたので育毛剤を使ってみました。

50を過ぎてから急激に抜け毛が増え、つむじのあたりの地肌がかなり見えてくるようになりました。

これはほっといては危ないと思い、育毛剤を使うことにしました。エハの育毛剤

育毛剤を使うのは若いころヘアトニックを使っていたころ以来で約30年ぶりになります。

まず使ってみたのは「リアップ」です。医薬品なので間違いないはず。

これは第一類なので買うときに薬剤師さんから説明してもらわねばなりません。

薬局の店頭に置いていて自由に買えるものではないので、レジで「リアップください」と言うのがちょっと恥ずかしいです。

使い始めて2か月くらいで抜け毛が減ってきました。

枕についている抜け毛が明らかに少なくなってきました。しかし毛が増えているというほどではありませんでした。

しかしお値段が7000円以上するので、継続するにはかなりの覚悟が必要です。

それほど毛が増えなかったので、同じ大正製薬の「フレッシュリアップ薬用育毛トニック」に変えてみました。

トニックなので使用感はかなりスカっとして、効いたような気はします。

しかししょせんはただの医薬部外品のヘアトニック。みるみるうちにまた抜け毛が増えてきました。

これに懲りた私はこんどは「リアップx5」にしてみました。

これはリアップより強力なので、効くかと思ったのですが、リアップと大して違いはありませんでした。

結局リアップに戻して、継続使用しています。

でも、「毛が増える」というところまでは実感できていません。

父が薄毛でも子供は薄毛と白髪に別れる

薄毛といえば、父が薄毛であった場合、子供にも遺伝して薄毛になるとよく言われます。私の父も40歳になる頃から頭頂部から薄毛になり始め、数年で前まで薄くなりました。小さい頃から父の髪の毛の変化を目の当たりにしてきたので、心の中で「自分も将来、こうなるのかなあ」と恐れていました。

シンフォートルエハの効果と口コミ!話題の育毛剤を購入して使ったら…

そして、私も父が薄毛になり始めた年齢になる頃から、頭頂部から薄くなりはじめ、「やっぱり、親子は似るなあ」と思い、父の時代にはなかった育毛剤をいっぱい使って、なんとか薄毛の進行を送らせています。

実は私には兄がいまして、その兄の髪の毛は全く薄くならず、その代わりに白髪が大変目立つようになっています。兄と私は同じ父母の遺伝子を引き継いだのに、結果はここまで違うのかと、兄をある意味羨ましく思っています。

確かに、父や祖父が禿げていると、どうしても禿げる家系だと思いがちです。実際、私も父と同じ道をたどっており、現在の育毛剤の力でなんとか禿げていくスピードを遅らせていますが、最後の結果は父と同じだと思います。最近は、この自分自身の姿を受け入れていこうと思うようになりましたが、割りきれる人ばかりではないと思います。また、兄のように禿げずに白髪になることもあります。若い人ほど父の姿を見て心配すると思いますが、禿げるとは限りませんし、効果のある育毛剤も今後もたくさん出てくるでしょう。余り気にしすぎず、もし禿げる兆候があれば、育毛剤を使うなど、そのときの状況に合わせて柔軟に対応しても十分間に合います。楽しい人生を満喫するのがよいと思います。