父が薄毛でも子供は薄毛と白髪に別れる

薄毛といえば、父が薄毛であった場合、子供にも遺伝して薄毛になるとよく言われます。私の父も40歳になる頃から頭頂部から薄毛になり始め、数年で前まで薄くなりました。小さい頃から父の髪の毛の変化を目の当たりにしてきたので、心の中で「自分も将来、こうなるのかなあ」と恐れていました。

シンフォートルエハの効果と口コミ!話題の育毛剤を購入して使ったら…

そして、私も父が薄毛になり始めた年齢になる頃から、頭頂部から薄くなりはじめ、「やっぱり、親子は似るなあ」と思い、父の時代にはなかった育毛剤をいっぱい使って、なんとか薄毛の進行を送らせています。

実は私には兄がいまして、その兄の髪の毛は全く薄くならず、その代わりに白髪が大変目立つようになっています。兄と私は同じ父母の遺伝子を引き継いだのに、結果はここまで違うのかと、兄をある意味羨ましく思っています。

確かに、父や祖父が禿げていると、どうしても禿げる家系だと思いがちです。実際、私も父と同じ道をたどっており、現在の育毛剤の力でなんとか禿げていくスピードを遅らせていますが、最後の結果は父と同じだと思います。最近は、この自分自身の姿を受け入れていこうと思うようになりましたが、割りきれる人ばかりではないと思います。また、兄のように禿げずに白髪になることもあります。若い人ほど父の姿を見て心配すると思いますが、禿げるとは限りませんし、効果のある育毛剤も今後もたくさん出てくるでしょう。余り気にしすぎず、もし禿げる兆候があれば、育毛剤を使うなど、そのときの状況に合わせて柔軟に対応しても十分間に合います。楽しい人生を満喫するのがよいと思います。