腸のコンディションを整えることが肌には有効

失恋や仕事の悩みなどイライラすることは多いですが、その際に暴飲暴食で気を紛らわすのは逆効果、暴飲暴食をすれば翌日は胃腸を痛め肌はボロボロになってしまいます。

ストレスを抱えた者が自分では対処出来なくなった時にかかるのが心療内科もしくは精神科、ストレスを抱えた者に良く処方されるのがセルトニンを増やすクスリです。セルトニンは幸せホルモンとも呼ばれ、セルトニンが十分にある時には物事を上手く処理出来るのですが、不足をすると処理が追いつかずストレスとなります。

物事を処理するのは脳、そのためセルトニンは脳に多くあると思われがちですが、実際は殆どが腸に存在、脳にあるセルトニンは極僅かしかありません。暴飲暴食をすればセルトニンに悪影響、ストレス発散のつもりが、かえってストレスを増加させてしまいます。

しかし、ストレスを抱えた時に暴飲暴食をする人が多いのは事実、なぜ、人はストレスを抱えた時に暴飲暴食をするのか?それは、欲求を脳で判断しているから。

脳で判断すると、勉強などで疲れると甘いものを欲し、辛いことがあると暴飲暴食、甘いものを取りすぎたことで肌には吹き出物、暴飲暴食をしたことで下痢に悩まされます。

幸せホルモンとも呼ばれるセルトニンは腸に多くあるのですから、幸せになりたいのであれば腸で物事を判断する、分かり易く言えば腸のコンディションで摂取するものを考える。

便秘がちであれば消化の良いもの、下痢気味であれば水分摂取を控える、腸のコンディションが整えばセルトニンが増え幸せに、幸せでいれば苦痛を感じることも軽減され肌のコンディションにも好影響を及ぼします。