血液をサラサラにすることで肌が潤う

肌に潤いが無くなると、シミやシワなど肌の劣化を招きます。潤いのある肌は水分が十分な状態、その水分は血液によって運ばれるため、血液がドロドロでは血管が詰まり肌の潤いに悪影響を及ぼします。ドロドロな血液をサラサラにするには、水分を摂取する必要があるのですが、水分でもアルコールの場合は利尿作用があるため逆効果です。お酒に酔うと顔は赤くなり肌に潤いがあるように思えますが、これは発熱によるもので一時的、二日酔いの朝は肌がボロボロになってしまいます。

血管が詰まるのも血液がドロドロだから、歳を取ると感度が鈍り喉の乾きも感じ難くなるため、歳を取ったら喉が乾いたら水分摂取をしたのでは遅く、定期的に水分摂取をするのが望ましいです。定期的に水分摂取が望ましくても、睡眠中は不可能、そのため睡眠前にはコップ一杯の水を飲む、目覚めたら同じくコップ一杯の水を飲む習慣を、「若いうちから身に付ける」ことが大事です。

身に付いた習慣を変えることは困難、歳を取ると睡眠時の頻尿で悩まされる者もいますが、若いうちからコップ一杯の水を飲む習慣があると、排尿リズムが整い歳を取っても頻尿になることを防げます。

水は飲んだら出すのが大事、水を飲んだのに体から尿や汗が出ないと、水の流れが悪い川のように血管内は汚くなり、それが原因で肌のくすみになります。